Creative Market
Blog post

NHK宮城・秋田・山形放送局が作成した番組に参加

 

NHK宮城・秋田・山形放送局が作成した
不登校について語る番組に参加しました。

本放送は
4月23日(金) 午後7時30分~
4/23 (金) 19:30 ~ 20:42 (72分)


「学校にいかなかったらどうなるの?」「行けない自分が許せない」日頃話せない悩みや疑問、将来への不安…。
番組では学校に行かない子どもと保護者が、不登校を経験した大人たちと語り合う座談会を開催。
3回でのべ8時間の座談会で見えてきたのは“つながる”ことの大切さ。
同じ悩みをもつ子どもと話したり、夢を実現した不登校経験者の言葉に、参加した子どもは“安心した”と話した。


---------------------------------------------------------

4月11日、NHK仙台局と東北各地をオンラインでつないで、
思いのまま“不登校“を語る会を開催。

学校に行きづらさを感じている子どもたちの声を
保護者や、かつて不登校を経験した人たちが受け止め、
思いのままを語り合いました。

3時間近く収録は行われましたが、
参加者からはまだまだ話し足りないとの声が。

リモートで参加した
不登校の子どもたちの「親の会」を山形市で主宰する樋口愛子さん、
子どもがホームスクーリングをしている秋田県五城目町で暮らす松浦真さん、
お二人にお話を伺いました。
https://www.nhk.or.jp/sendai-blog/tokushu/cat/447673.html





Blog post

クリエイティブメーカーズ参加小学生があいづプログラミングコンテストにて特別賞を受賞

あいづプログラミングコンテストにて

G-experienceが行う
クリエイティブメーカーズ五城目に
参加する2名の小学生が

特別賞(エクスプレッション賞)
特別賞(グラフィック賞)

を受賞しました。

プログラミングコンテスト「あいづプロコン2020」を主催する
会津若松市の関係者の皆様に感謝申し上げるとともに
スクラッチをつかって、作品をつくりあげた小学生の頑張りにも
拍手したいと思います。

クリエイティブメーカーズ五城目では、
今後もたくさんの生徒を受け入れていきます。

五城目町の方はもちろん、
秋田市や潟上市など、毎週木曜日16時~ 
五城目に通うのが難しい方には、
オンラインでの参加もサポートいたしますので、
お気軽にご相談ください。

スクラッチやunity、電気工作に
取り組む小中学生が学んでいます。


主体的にプログラミングや電気工作に取り組むことで
論理的に考えたり、全体性を意識しながら作品をつくり
誰かに評価してもらい、再び改善するという
フィードバックの機会を得ることができます。

↓お申し込みは下記からお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSda4ABdrfOshhCYOl-fuPTqPjhXIWFFcX4uLCeDseeC_ud0sQ/viewform

https://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2021031100017/





Blog post

ミニフューチャーミュージアム2021 in AKITAを開催します

大阪・東京・札幌などで大人気の企画ミニフューチャーシリーズに完全オンラインの新企画が登場。
その名も、「ミニフューチャー ミュージアム」!!!
デジタルとアナログを上手に組み合わせながら、こどもたちが自由な発想をカタチにして、
創意工夫し、オンライン上にミュージアムを創り出していく2日間のプログラム。
“未知のこと”に遭遇する楽しさも難しさも含め、ICT学習機会としてもご参加いただけます!

https://g-experience.org/mfm/https://g-experience.org/mfm/

 

============================
2/7(日) テーマ:作品を「つくる」「かざる」
============================

各テーマごとに、学びの案内人から伝えられる「わざ」を活かして、世界で一つの作品を創ります。

① 9:00〜11:00 対象:小5〜中3
革×クラフト〜
大切な人の大切なものを包もう〜
:革もの屋「すずなり」小松田靖之さん@秋田

② 12:00〜14:00 対象:小5〜中3
デザイン×日常
〜なにげない毎日をカンサツしてデザインしてみよう〜
:渋谷デザイン事務所 澁谷和之さん@秋田

③ 14:30〜16:30 対象:小3〜中3
アート×なんだこれ?
〜「なんだこれ?」を考えて自分でもやってみる〜
:一般社団法人タチョナ代表理事小島剛さん@大阪
④ 17:00〜19:00 対象:小3〜中3
建築×環境 
〜未来につづく家を考える〜
:こどもDIY部さかたともえさん@東京
⑤ 特別プログラム ★
12:40〜16:30 対象:小5〜中3
食×探求 
〜海と大地のハーモニーを食す!〜
:SPACE 最高情熱責任者CEO:福本理恵さん@東京
★こちらのプログラムは、宝島キッズラーニングプロジェクト https://takarajima-kids.studio.site/
とのコラボプログラムです。
 
============================
2/14(日) テーマ:作品を「みてまわる」「感想を共有する」
============================
案内人から一人ひとりの大事な作品にコメントをもらえます。
13:00~16:00
インターネット上のミニフューチャーミュージアムに作品をアップロードして、みんなの作品をみてまわります。
案内人の皆さんも参加します。

*************************************
■日時:
DAY①:2021年2月7日(日)
※申し込みプログラムにより時間が異なります。
DAY②:2021年2月14日(日)13:00〜16:00
※両日参加できるお子様のみ申し込み可能です。

■【オンライン参加】zoomリンクを後日お知らせいたします。
※zoomを使用する際のオンライン接続にかかる機器、ネットワーク費用などは各自の負担となります。予めご了承ください。
■参加費:無料
■対象年齢:小学3年生〜中学3年生まで
※2/7のプログラムによっては、小学5年生〜のものもございます。
■定員:各プログラム 10名×5テーマ / 合計50名(先着順)
※秋田県の助成事業のため、各プログラムにつき秋田県内の方を7名、県外の方を3名募集します。
■申し込み方法:以下のリンクよりお申し込みください。
※参加ボタンだけでは申し込みとなりませんのでご注意ください。

【申し込みリンク】:
https://bit.ly/3noDU9V
※申込は1回につき1名まで(2名以上の場合には、もう一度申し込みをしてください)
※メールアドレスは、資料を送付するため、必ずPCアドレスをご記載ください。

★保護者の参加について★
MFMは『子どもたちが創り出す、最先端のミュージアム』。
子どもたちが、自ら考え葛藤し、自分なりのチャレンジをすることを応援するイベントです。
保護者の皆様にご協力頂きたいのは、" 大人が口や手をださず、子ども自身に任せてみる" ことです。子どもを信じて見守ることは、大きな成長の機会に繋がります。
しかし、信頼している保護者の方が近くにいると、子ども側が大人に頼りがちとなる可能性が高まります。そのような事態を防ぐ為にも、保護者の方々には違うお部屋にいて頂くことをお勧めいたします。(オンライントラブル・その他トラブル時に保護者の皆様にご対応いただく場合はあります)

*************************************
主催:合同会社G-experience
お問い合わせ:info@g-experience.org (担当 北埜)
共催:ミニフューチャーシティ実行委員会
ミニフューチャーシリーズのコンセンプトがわかる動画はこちらから:
https://vimeo.com/141034483





次のページへ進む