Creative Market

ハイブリットスクーリングとは?

「おくのまなび場」を利用して、ハイブリッドスクーリング!
毎回2000円をお支払いいただくと、秋田県五城目町にある「おくのまなび場」を利用することができます

■目 的

子どもたちが自らの力で考え学び、商品を作り出し、市場で販売して仕事をつくる。この一連のプロセスの中で生きる力を獲得することを本プログラムの目的としています。
弊社プログラムディレクターの松浦真は、探究心を持ち自分で課題を見つけ出し、乗り越えていける子どもたちをはぐくむ活動を9年間行っています。

greens.jp掲載記事
「子どものうちから、生き方に直結する仕事を探そう。 行政・学校・海外と連動しながら右脳系プログラムを展開する「cobon」」

■参加費

子どもお1人2000円(通常)
本プログラム対象者:

  • ハイブリッドスクーリング:小学校1年生〜小学校6年生
paypalを使ってインターネットでお支払いいただくことも可能です


ハイブリッドスクーリングの仕組み

ハイブリッドスクーリングメンバーは下記特典が受けられます

1.

小学生でも日本語を用いたプログラミングを学べます


ラズベリーパイに実際にプログラミングして商品、サービスを開発しよう

2.

朝9時半~15時まで好きな時間に自由に学ぼう。


疲れたらただのあそび場で遊ぶこともできます


3.

子どもたちの興味関心を伸ばす


関心あることを伸ばしていきます

4.

自ら仕事を創りだす専門家のアドバイス


ハイブリッドスクーリングを行った後、専門のアドバイザーからコメントをもらうことができます。

ハイブリッドスクーリング!アドバイザー


山口高弘さん

GOB Incubation Partners代表取締役

小澤いぶきさん

東京大学先端研・NPO法人PIECES代表理事・児童精神科医

福本理恵さん

東京大学先端研・ROCKET

工藤尚悟さん

東京大学サステイナビリティ学特任研究員